スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

柴グラス

持ってらっしゃる方は、持ってらっしゃるのでしょうが、
や~っと、届きました。
柴グラス。
GLASS アルペンローゼさん。ながらく、柴グラスはお休み中だったので、再開と同時に注文。
なかなかでしょ。
やっぱり、これは、日本酒か焼酎だね。

3glasses1.jpg

後方、上から見てみると、、、こんな感じ。

3glasses2.jpg

後ろには、名前も刻んであります。

natsuglass5.jpgnatsuglass4.jpg

そう言えば、こんなグラスも持っています。
これは、茜ちゃんと色違い。
どちらも、かわいいっしょ♪

glass1.jpgglass2.jpg


2007/10/14(日) | 柴グッズ | トラックバック(0) | コメント(2)

土手散歩

お久しぶりです。
なつこ&その一家はなんとか暮らしています。
今日は、ハチコのレースを応援しに土手にやって来ました。
試合とは言わずに、レースというところがツボですねぇ。
ここはとっても、なつこのお気に入り。
ぴょんぴょこ、ぴょんぴょこ、跳ねておりました。
まるで、黒ウサギのようにね。
0603toda.jpg1006toda1.jpg1006toda3.jpg


黒柴ちゃんを連れた応援の方にもあったけれど、写真を撮り損ねてしまいました。
やっぱり、ネット生活を離れていると、写真を撮るのも、、、とろいわ。
でも、こんな方たちと遭遇。
また、応援に行こうね、なつこさん♪
1006toda6.jpg1006toda7.jpg1006toda5.jpg

2007/10/06(土) | | トラックバック(0) | コメント(0)

公園

070509-2.jpg術後始めて大きな公園に行ってきた。
へたってしまうかと思ったけど、大丈夫だったね。
母さんの方が歩きすぎて、足がパンパンになってしまったよ。
菖蒲が少し咲いていた。
今年のこどもの日は出かけてしまったので、菖蒲買いそびれてしまい、
菖蒲湯にも入りそびれてしまったね。
ずいぶん元気にはなったけれど、未だにウンPが本調子ではございませぬ。
ヨーグルト、たくさん食べましょうね。。。


2007/05/09(水) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(4)

術後9日目

070506-3.jpgpostop3.jpg

少しずつ元気になってきました。ボール遊びも久しぶりにやったよ。
食欲はだいたい戻ったかな?
でも、うんPがまだ本調子じゃないね。
まだ、ちょっと柔らかいし、
毎日出るわけじゃないし。。。

なんか切ないのが、なつこのおっぱい。
ほんの少々大きくなっています。
しきりにハウスでゴリゴリと穴掘りしてるし。。。
いつものようにヒートの後の偽妊娠状態。
これももう終わりなのかと思うと、泣けてくる。

そんなこんなで、我が家の連休は なつこの手術に明けて終わりました。

2007/05/06(日) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(2)

傷跡

postop2.jpgお腹、こんな感じです。
まだ糸の跡やかさぶたが残ってはいるけれど、しっかり、キレイにくっついております。
4センチぐらいとか言っていたけれど、もう少しあるね。

ただ、お腹がツルツルになってしまったので、
カイカイすると、ミミズ腫れになってしまうので、もう少しお腹をカバーしておかないといけませんね。



2007/05/05(土) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

抜糸

DVC00085.jpg本日、抜糸してきました。
立ったままパチンパチンと。
仰臥位だとたぶん嫌がっただろうけれど、そんなに暴れもせずできました。
『きゃわん、きゃわん』
と、ちくちくするのにちょっとだけ文句を言っておりましたが。。。
消毒のゼリーみたいのをちょんちょんと塗って、
『ハイ、おしまい。がんばったね~』

この術後着ともお別れだね。





2007/05/04(金) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

消毒

私は今日仕事なので、連休中のダンナに消毒に連れて行ってもらった。
ちょろんと薬を塗っただけだったって。

術後、傷口を舐めるようすはないけれど、カキカキしようとする。
でも、ネット状の術後着にからまるので、、、
脚を空中でおいでおいでするように空回り。

DVC00087.jpg食欲はまだ本調子ではない、80%程かな。
体はまだ、少し熱っぽいかも。
ウンチはまだ軟便。
おりものは、1~2日は気がつくと少し固まったものがついていた。
元気はまだまだ。
一日中、だら~りと。
お腹切ったんだもの、仕方ないよね。
おまけに病気だったんだから。
普通の避妊手術の状態より、少したいへんだよね。






2007/05/01(火) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(4)

退院

朝、電話したら、調子がよいので今日退院できるとのこと。
お腹を切ったんだから、抱っこもできないだろうし、、、
キャリーがいるかな~と、準備をしていったんだけれど、
全然必要なかった。

『遅いじゃないの~』と、ハフハフ元気にやってきた。
ギャンギャン暴れるでもないし、とってもよい仔でした♪
と、褒めていただきました。

昨日抜けなかった歯は、その内自然に抜けるでしょうと。
手術自体はとてもタイムリーにできたので、術後も良好とのこと。
子宮自体は、直径が2センチ位まで腫れていたと。
術後に摘出した子宮を見た!なんていう報告もあったので、
見せてもらえるかと、半分期待していたのですが、
そんな話は全くなく、写真すらなく、、、ちょっと残念。
どんな風になってるかというと、こんな風になっているらしい
(ちょっとえぐいので、心の準備を。できない方は、クリックするのはやめましょう)

byoki7.jpgbyoki8.jpg

エリザベスカラー生活かな?と思ったけど、
こんな術後着でした。
ネット状のチューブみたいなのを、大きさに合わせて切って結んで作るもの。
これだと、動きやすいからいいね。

少しご飯は残したけれど、まずます食べて早々眠りにつきました。
お疲れさま。
今日はぐっすりお休みなさい。



2007/04/28(土) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

子宮蓄膿症の手術

今日、手術することに。
一番ひどかった時よりは、食欲は少し出てきたものの、ウンチは軟便のまま。
おりものはちょっぴり続いている。
お家の中ではダラリ~っとしている。
散歩もたらたら~っかなと思ったけれど、お隣のおばちゃんにはペロペロと抱きついていった。

byoki5.jpgでも、やっぱり、元気がない。
察しているのかな?
連れて行く車の中で、
ちっとも、目をあわせようとしない。

今日は奥さん先生。
この方は、外科が専門で、麻酔専門医でもあるらしい。
獣医さんでもそんなのがあるんだね。
ここは、研修修了書やら獣医免許証やら掲げてあるので、
年齢やら出身地やらまでも一目瞭然。
『責任もってお預かりします。どうぞ、ご安心を』
と言っていただいたので、ギザ安心。(しょこたん風に(^_-)-*)
と、そんな余裕も。。。
read more...

2007/04/27(金) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

人間の都合

え~と、どこまで書いたんだっけ。。。
獣医さんを変えたところまでぐらいかな?
水曜日にまた、来てくださいって言われてたので、行ってみました。

前の病院のお薬が、月曜日までで、前日、火曜日からお薬が変わりました。
すると、この日の朝ぐらいからですね、、、前のようにポタポタという感じではなかったのですが、また、おりものが少し出てきました。
ま、中に溜まっているより、出た方がいいよね~、なんて思いつつそのことを伝えると、
今日は院長でも奥さんでもなく、もう一人の女医さん。
東大出身らしい。。。
『溜まっているより、出た方がいいちゃっいいんだけど、炎症が続いているっちゃ続いているってことで、、、
油断しちゃいけないってことです。』
で、また、超音波で診てみると、
やはり、水様のものが溜まっている画像が点々と。。。
『この病気は手術しないと、またヒートが来ると再発するし、確実な治療は手術しかないですね。』
『症状が進んでしまってからより、全身状態のよい今のうちに手術するほうがいい。』
『できれば、早い方がいい。』
『一番早いのが、27日の金曜日。そのあとが、、、
この日はもう2件入っているから、その次になると5月1日かな。』

と、矢継ぎ早に言われた。
そんな事言われても。。。
この前は、院長は落ち着いてから、、、って言ったじゃない!?
子宮の腫れた状態は先日と変わりないし、、、
わたしが、う~んと悩んでいると、何度か院長に相談に。
院長も、手術を、、、と言っていると戻ってきた。


read more...

2007/04/25(水) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

ごめんなさいm(._.)m

S先生への未納金。
あの、どうしようもないレントゲン検査が結構高かった。¥8400-
血液検査 ¥6800-
なぜかフィラリア検査 ¥3200-
その他、注射代にお薬代に再診料も。
慌てて出てきたものだから、あまり持ち合わせていなかったのね。

ダンナに返してきてもらいました。
だって、私、どうしても行けないよ~。

もしかしたら、このままこちらでの内服治療を続けていたら、、、
また、結末は違っていたかもしれない。
抗生物質はとてもよく効いたのは事実だものね。

愚痴も聞いてくれたし、よく診ていただけたし。。。
本当に、ごめんなさいm(._.)m
もう二度と顔出せませんね。。。

2007/04/23(月) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

なつこさん、どうしよう~?

ボチボチ思い出しながら書いています。リアルタイムではなく、こんな頃にはこんなことがあったよな、という個人的な備忘録です。

先日いただいた抗生物質、抗炎症剤&止血剤を飲み始めてから、ピタッとおりものは止まった。
これをどう考えてよいものか。。。
あんなにポタポタ出ていたものが、そんなに急に止まるなんて。
感染菌と抗生物質がバッチリ合ったものだったから?
膿は全部出切ったのかしら?

ネットで調べてみると、子宮蓄膿症のゴールドスタンダードは、やはり外科的治療である卵巣子宮摘出術だそう。
内科的治療では、細菌の働きを抑える抗生剤を使う、子宮の収縮を活発にさせて膿を排せつさせ、子宮内で細菌の感染しやすい環境を作る黄体ホルモンの働きを止める薬剤を用いるのだそう。
しかしこれはあくまで対症療法で、細菌を根絶させることは難しく、かなり高い確率で再発。また、副作用もないわけではないらしい。

ピタッと止まってしまったことに、逆に不安を覚えた。

子宮蓄膿症には、子宮内に溜まった膿が外に出る子宮頚管開放型と、子宮内の膿が体外に出ない子宮頚管閉鎖型があるんだそうな。
閉鎖型は膿の出口がないために、いつ子宮が破裂して、腹腔内に膿が飛び散るかわからない、、、より危険なタイプ。
おまけに、ワンちゃんの子宮の内側の膜は、目の細かいハチの巣のような構造をしていて、膿がハチの巣の中に入っているような状態なので、子宮を収縮させて膿を出しても、このハチの巣状の穴の奥から膿を完全に出すことはできないとのこと。

レントゲン検査で子宮の腫れが診断できるようになるのは、症状が進んだ中等度以上の場合だとか。
超音波検査だと、比較的軽度から診断可能だと。

read more...

2007/04/22(日) | 子宮蓄膿症 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログパーツ
«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。